技術とデザイン – 間伐材で創る公共空間

4-88-078-8.jpg

間伐材 需要拡大
著者 堀 繁ほか著
定価 5,880円 (本体5,600円) 体裁 A4判 288頁 4色刷り

現在の森林づくりで大きな課題となっている間伐。これを進めるためには間伐材の利用拡大が鍵といわれています。本書では、間伐材を公共空間(山地・水辺・道・公園・農業漁業など)で活用した97事例を紹介し、今後の多様な間伐材利用のあり方を提案しています。

各事例は、カラー写真のほか設計図、設計のポイント、材料表、イラストによる説明など見開きでわかりやすく紹介。また、公共空間で間伐材を活用する際のポイントでもある「景観」「耐久性」についても、専門家からのアドバイスを掲載しました。間伐材利用を支える技術者、行政担当者必携の書です。