作業道 路網計画とルート選定

20111003163834_00001.jpg

体裁 A4判 124頁 カラー
著者 大橋 慶三郎 著
定価 :本体3,200円+税

50年の実績が示す、ルート選定の秘訣!
「ここだけは道を通すな」がズバリ分かる

本書は、路網計画の考え方、計画の手順、注意点、事例研究などを著者の実践を元に紹介しています。
 著者は作業道づくりの第一人者として、これまでに日本各地で路網を計画し、ルート選定を行ってきました。著者のルート選定の方法は、資料(地形図、森林基本図、空中写真など)を元に危険な箇所を探し出し、これを避けたゾーンを得心するまで山を歩き回って計画するやり方です。その現場経験から、山には作業道を通してはいけない場所、ルート選定で避けなければならない危険個所が数多くあることを学んできました。

本書は、著者の50年の実践から、山にひそむ「絶対に道を通してはいけない個所」、「危険個所」を計画時に見抜き、より安全なルートを選定するための秘訣をまとめました。
 作業道を開設する前に、ぜひお読みいただきたい一冊です。