森林生態学 持続可能な管理の基礎

4-881381.jpg

森林生態系の仕組みを解き明かした1冊。森林管理技術の土台がここに。

著者 藤森隆郎
定価 :本体3,800円+税  体裁 A5判 484頁

本書は生態学の既存の知識や考えを整理し、新たな考え(仮説)を加えて、より良い政策や森林管理技術への応用につなげていこうとするものである。森林生態系の仕組みを理解することによって、森林との付き合い方に新たな視点を見出していくための技術テキスト。
 気候、土壌、水、光と樹木の関係、森林生態系の生産力、生物多様性、攪乱と更新機構、林分の発達段階などへの理解なしには、森林管理技術を向上させるこ とはできない。どの森林で多面的機能をどう発揮させるか、放棄地の更新、多様な森林施業など、現地の課題解決に必要な応用力は、本書の知識の上に成り立 つ。さまざまな機能に応じた森林管理手法までを具体的に記述した本書は、実践的場面で読者の参考資料として役立てていただきたい、すべての技術者、実務者 向けに書かれた実践的なテキストである。森林認証の基準理解にも欠かせない一冊。