森のセミナーシリーズ No.4 私たちの人工林-再生資源をつくろう、つかおう

4-88138-072-9.jpg

再生できる資源としていま注目される人工林の役割や木材資源としてのこれからの利用を分かりやすく解説しました

著者 全林協編
定価 1,050円 (本体1,000円) 体裁 A4変形 64頁 2色刷り

私たち日本人が造ってきた1000万haを超える人工林。再生できる資源としていま注目される人工林の役割や木材資源としてのこれからの利用を分かりやすく解説しました。造林・育林の施業技術中心の解説だけではなく、人工林の生態的役割、伐採の機能、再生する人工林の姿、フォレストスケープなど、新しい視点で人工林をとらえました。また、緑の市場や森林認証制度など、間伐材など木材利用の新しい動向なども紹介しました。人工林技術などをわかりやすく整理したイラスト資料として、専門家もぜひご活用下さい。