林業現場人 道具と技 Vol.7 特集 ズバリ架線が分かる 現場技術大図解

7.jpg

やっぱり、林業は、げんばびと!!  プロが実践する架線の技術、醍醐味を公開!

著者 全国林業改良普及協会編
定価 1,944円 (本体1,800円) 体裁 A4変型判 116頁カラー(1部モノクロ) ソフトカバー

路網と車両だけでは、顧客の山のすみずみから材を搬出することは難しく、架線でなければ出せない現場もあります。そんな架線現場ではどんな技術が使われているのか。
スパン長100m?1000m超まで、規模の異なる全国の様々な架線現場を取材し、索張りシステムから、仕事の段取り、集材の手順(材と人・機械の動き)、技術や工夫まで、その特徴を紹介。架線事業地をパノラマやイラストで示し、架線集材の仕事の流れをわかりやすく図解しています。 大好評! シリーズ第7弾!!

主要目次 ●特集 ズバリ架線が分かる 現場技術大図解
・特集1 大規模システム H型架線 1000m超の主索間を余さず集材
・特集2 張り替えを繰り返し機動力アップ 列状間伐にピッタリの索張り法
・特集3 1haの皆伐現場を自走式搬機で集材
・特集4 ダブルエンドレスとラジキャリーの組み合わせ、ねらった材を2段階搬出
・特集5 急傾斜地400mの間伐集材 専用搬器とタワーヤーダを活用