林業現場人 道具と技 Vol.8 特集 パノラマ図解 重機の現場テクニック

8.jpg

やっぱり、林業は、げんばびと!! 重機の役割、機能が分かる!搬出現場を公開!

著者 全国林業改良普及協会編
定価 1,944円 (本体1,800円)  体裁 A4変型判 116頁カラー(一部モノクロ) ソフトカバー

重機が動く現場では、重機オペレーターであれ、チェーンソーマンであれ、作業工程の中での重機の機能、テクニック、役割を現場の全員が理解することが重要になります。重機を仕事に生かし、材の生産で経営成果を挙げられるかどうかは、すべて現場人の腕次第。人に生かされてこそ、重機の存在意義が生まれます。
本書は、6事業体の搬出現場を取材しました。作業の手順(材と人・機械の動き)や重機操縦テクニック、重機改良・工夫ポイントなどを、それぞれ紹介しています。土場で仕分けするロングリーチグラップルの動き、バケットとハーベスタを組み合わせた最先端林業機械、売り上げに直結するプロセッサ作業のコツなど、作業効率アップにつながるノウハウが詰まっています。
(ハーベスタ、プロセッサなど車輌系の高性能林業機械・大型機械を、現場人になじみのある「重機」と、この本では呼びます)。

主要目次 ●特集 パノラマ図解 重機の現場テクニック
特集1 葉枯らし乾燥材を造材・出荷/泉林業(熊本県)
特集2 4人で7台の重機を動かす搬出間伐の現場/向井林業(岡山県)
特集3 カラマツ・広葉樹の小規模皆伐・造材/西間林業(岩手県)
特集4 伐倒・集材、造材・運材 現場と人を分ける/天竜フォレスター(静岡県)
特集5 山主さん納得。ムダを省く工程と現場の工夫/夢の森つやま協同組合(宮城県)
特集6 小型重機 +2tダンプでこまめに伐出/藤原造林(山梨県)