No.171 バイオマス材収入から始める副業的自伐林業

171.jpg

本書で紹介する事例は、いずれもバイオマス材を生産し、副業的に収入を得ながら、楽しく、地域も元気にしながらグループで行う副業的自伐林業です。誰でも参加できることができるような仕組みをつくり出すことで、地域の農家、サラリーマン、定年退職者、都市部の交流者までが積極的に副業型自伐林業に参入しています。荒れていた山が甦り、出荷した材と引き替えに発券される地域通貨が参加者をいきいきさせ、地域の商店をも活気づける。本書は、地域における副業型自伐林業の普及実践活動であり、関係者の努力・工夫の記録です。

著者 中嶋健造 編著
定価 1,155円 (本体1,100円) 体裁 新書判 212頁