No.172 低コスト造林・育林技術最前線

172.jpg

伐採跡地の更新を低コストでどう実証するか。ここが見えてこないと、持続する森づくりが難しいと言われます。本書は、人工造林による低コストの更新技術開発の現状をまとめたものです。コンテナ苗を使用した造林、コンテナ苗づくりの技術、下刈り回数削減による低コスト化の実現、低密度の植栽から小面積皆伐と低密度造林の組み合わせ、育種の成果であるエリートツリーを使用した造林まで、さまざまな実証研究を概観しました。

著者 全国林業改良普及協会 編
定価 1,155円 (本体1,100円) 体裁 新書判 152頁