No.167 木質エネルギービジネスの展望

167.jpg

 この10年ほどのあいだに欧州などでは薪やチップ、ペレットを直接燃やす燃焼機器が目覚ましく改善され、ビジネスとして定着してきました。
 本書では海外の状況を紹介し、日本の現状を顧みたうえで、進むべき今後の方向を展望したものです。
 取り上げる主要トピックスは、木質エネルギーをめぐる過去半世紀の状況の変化、木質エネルギーのポテンシャル、森林バイオマスのサプライチェーン、木質バイオマスの成型燃料化、進歩するバイオマス燃焼の技術と環境負荷です。これに加えて注目される新しい技術のいくつかを最後にやや詳しく紹介しています。

著者 熊崎 実 定価 1,155円 (本体1,100円) 体裁 新書判 256頁