林業現場人 道具と技 Vol.11  特集 稼ぐ造材・採材の研究  

10.jpg

ニーズを知り、顧客が喜ぶ商品(丸太)をつくる!! 採材・造材でここまで材価が上がる。

著者 全国林業改良普及協会編 定価 1,944円(本体1,800円) 体裁 A4変型判120頁カラー(一部モノクロ)

顧客に喜ばれる採材・造材とは何か?それを理解するためにはまず、木材市場のニーズを知ることが必要です。そこで、木材市場を徹底取材し、丸太の価値を左右する木口と形状の見方(腐れ、シミ、ムシなど)、採材のポイント(6m材の直材、黒心材、矢高、余尺など)を紹介しました。また、林業事業体の搬出現場を取材し、山主に還元できて、市場と製材所からも喜ばれる採材、直・曲がりを見極める技、正確に採寸するための道具使いなど、熟練の技を紹介。買い手が安心して買える材(商品)づくりに必要な技と考え方を達人の実践から紹介しています。