林業改良普及双書№182 木質バイオマス熱利用でエネルギーの地産地消

9784881383322.jpg

地域の実情に合った事業化が可能

著者 相川高信/伊藤幸男/管真由美/紫波グリーンエネルギー株式会社/中岸良太/小木曽秀美/BスタイルPJ研究グループ/三木 聡/森 大顕

定価 1,188円 (本体1100円) 体裁 新書判 224頁

木質バイオマスの熱利用が新たな広がりを見せている。

さまざまな需要(農林水産、工業、民生用、福祉・観光等の冷暖房)が地域にあり、小規模でも成立できるのが大きな特色です。地域の材、地域の人材で、地域に熱エネルギー供給という新たな産業を起こす地産地消としての効果が期待されています。事業化の戦略、市場づくり、ビジネス化手法から、地域的な熱供給事業から個別施設での事業化実践例を紹介。熱利用のカギとなるボイラー導入手法、効率的な運営など、数々の実践から得られた成果をまとめた1冊です。