林業現場人 道具と技 Vol.18 特集 北欧に学ぶ 重機オペレータのテクニックと安全確保術

北欧の林業から学ぶ! 安全確保・チームワーク・テクニック

著者 全国林業改良普及協会 編
定価 1,980円 (本体1800円)
ISBN 978-4-88138-358-2
体裁 A4変型判 128頁カラー(一部モノクロ)

特集で紹介している書籍『ワーキング・イン・ハーベスティング・チーム』の著者 ペル=エリック・ペルソン氏(EU林業教材著者・林業教育機関講師)
本書は、オペレータ向けに執筆され、現場人の安全、チームワークを重視しながら、重機を使いこなす実践テクニックを豊富な写真で解説しています。記述がすべて現場人オペレータの立場・視点で書かれています。技の方法・理由も説明され、納得して理解できます。著者は重機オペレータ出身の林業教育機関講師で、本書の内容はEUの林業教育教材に採用されています。
もはや重機は単なる高能率の機械ではありません。IoT情報発信基地であり、サプライチェーンの起点でもある。それが今の進化形です。
現場人・オペレータは、林業会社の顔であれ、と著者は言います。だからこそ、絶対安全を確保し、プロとしての技術・スキルを高め続ける責務があり、それが社会の信頼を獲得すると。

 業務、スキル向上に役立つ1冊です。