「複合林産型」で創る国産材ビジネスの新潮流-川上・川下の新たな連携システムとは

ABCD材を総合利用してこそ競争力となる。 飛躍のカギは「複合林産力」!

著者 遠藤日雄
定価 3,300円 (本体3,000円)
ISBN ISBN978-4-88138-364-3
体裁 A5判 ハードカバー 296頁

ABCD材それぞれではなく、総合的に利用するビジネスから「複合林産型」が始まります。木材産業と木質バイオマスエネルギー事業をセットで展開する親和性も広がってきました。産地枠を越えた新クラスター化など、素材生産・流通・加工の再編が動きつつあります。
競争力の源泉は規模でも価格でもなく、「複合林産力」にある。そんな時代の新潮流が始まっているのです。
本書は、「複合林産型」の事例を分析し、複合林産型ビジネス形成に必要な条件を考察します。そして、輸出ビジネスへの備え、林業の経営・技術革新、A材問題・大径材問題の打開、皆伐跡地・再造林への対応など、いま林業界が直面する課題解決への手法、糸口を整理しています。
川下業界の激変を知り、新たな国産材のビジネスチャンスを掴むために、ぜひ本書をご一読下さい。

●本書で登場するキーワード
・複合林産型
・林業・林産業のシームレス産業化
・親和性を活かすビジネスモデル
・サプライチェーン構築
・産地枠を越えるクラスター化
・カスケード利用実現
・その他