林業改良普及双書No.185 「定着する人材」育成手法の研究-林業大学校の地域型教育モデル

なぜ定着率が高いのか―就業前の優れた研修モデルに学ぶ

著者 全国林業改良普及協会 編
定価 1,188円 (本体1,100円)
ISBN 978-4-88138-345-2
体裁 新書判 152頁

各地で広がる林業大学校、林業アカデミー(長期就業前研修)。そこでは、
・技術・技能に関する実践的教育
・管理部門に関する教育
・集中した実習による実践力
・インターンシップ
が工夫されています。こうした就業前の教育システムが、他業種にもモデルとなっているようです。
現場が要求する即戦力を育てつつ、一方で短期間に離職させることなく、地域の林業を担う「定着する人材」育成を実現する地域型教育モデルの効果とは何かについて解説しました。就業者と雇用主双方を幸せにする教育モデルを現場に見ました。
※裏表紙の「著者・編集協力」に下記の誤りがありました。訂正いたしますとともに、お詫び申し上げます。

【誤】
山下 博
高知県林業振興・環境部 森づくり推進課
チーフ(林業学校担当)
遠山 純人
高知県林業振興・環境部 森づくり推進課
チーフ(担い手対策担当)

【正】
山下 博
高知県林業振興・環境部 森づくり推進課
チーフ(担い手対策担当)
遠山 純人
高知県林業振興・環境部 森づくり推進課
チーフ(林業学校担当)