10月25日発行予定 生産性倍増をめざす林業機械実践ガイド-世界水準のオペレータになるための22の法則 下巻

林業現場で働くプロのオペレータたちに向けた待望の翻訳書

著者 ペル‐エリック・ペルソン  解説/酒井秀夫・吉田美佳 訳/本多孝法
定価 4,400円 (本体4,000円)
ISBN 978-4-88138-380-3
体裁 B5判 352頁 オールカラー

「世界中の林業関係者が称賛!!」
1,250以上の林業事業体、60の林業学校または大学、20ヶ国での販売実績 
十年前、林業先進国スウェーデンである林業学校講師が1つの決断をしました。
「北欧には、現代の機械化された木材生産・伐出作業のノウハウを学ぶ教材がまったくない」ことに 奮起、自ら教材づくりに取り掛かりました。
延べ4,000時間を超える製作期間を経て、650点以上もの画像(そのほとんどが著者撮影)と豊富なイラストを盛り込んだ2冊の本が完成しました。
オペレータとしての心得から機械のメンテナンス、伐採実務、木質バイオマスの取り扱いまでの幅広い内容を22の章でまとめた本書は、次の方々の日々の業務・学習の手助けとなるでしょう。

・ベテランのオペレータの学びなおし
・林業経営を安定・拡大させたい林業経営者
・より良い施業プランを目指す森林施業プランナー
・林業機械を極めたい新規就労者
・林業への就業を志す林業大学校の学生
・品質と量の安定を求める木質バイオマス事業者