長沼小学校で「緑のまなび事業」

長沼小学校で「緑のまなび事業」記念式典と記念植樹を行いました。全国育樹祭の開催を記念して学校環境の緑化をする事業です。台風のたびに枝が落ちて危険なニセアカシアを伐採し、エゾヤマザクラ(町の木)とライラック(町の花)を植えました。
長沼町では今年町内の5つの小学校が1校に統合されました。歴史のある学校の閉校を寂しく感じた方々も多いと思いますが、よいこともありました。新しい長沼小学校でながぬま緑の少年団への加入を呼びかけたところ、70人もの子供たちが入団を申し出てくれました。
ながぬま緑の少年団には、公益社団法人ゴルフ緑化促進会からプレーするゴルファーのみなさんから寄付された緑化協力金により、ユニフォームが贈られました。
今日は新型コロナのため、少年団の代表しか参加できませんでしたが、長沼町教育委員会から間嶋教育長さんほかが応援に駆けつけてくれました。