「北の大地の森づくり基金」の概要

 平成20年度に創設された「北の大地の森づくり基金」は、平成19年6月24日に苫小牧市で行われた「第58回全国植樹祭」の開催を契機としてスタートしました。

 当時、たいへん厳しい財政状況の中で、北海道では46年振りとなるこの植樹祭を成功させようと、森林・林業関係者はもちろん北海道民が一丸となって協賛金の募集に取り組み、協力の輪は一般企業や個人にも広がり、多くの浄財が寄せられました。

 これら資金を、ご協力いただいた方々の想いに応えられるかたちで有効に活用するため、「北の大地の森づくり基金」が生まれました。

 また、令和3年秋期に本道で開催される「第44回全国育樹祭」にあたっても、森林・林業・木材産業関係者を始め、国や道の先輩職員など、多くの方々にご協賛をいただいており、この協賛金により「北の大地の森づくり基金」の増資を行っているところです。

 この「北の大地の森づくり基金」は、植樹祭や育樹祭をその時限りのものとすることなく、世代を越えて森林づくりを受け継いでいく息の長い取組とするため、次の事業に活用させていただいております。

■全国植樹祭記念の森づくりボランティア活動支援交付金(和みの森への交通費・消耗品費の助成)

■里山づくりモデル事業助成金(和みの森の日常的な利用につながるモデル事業への助成)

■地域育樹等活動交付金(複数の市町村や異業種協働による活動、森づくりを啓発する担い手の交流への助成)

〒060-0003 札幌市中央区北3条西7丁目1番地北海道水産ビル6F011-261-9022FAX: 011-261-9032

お問い合わせ