募金による緑づくり

室蘭地方自動車整備振興会の協力による植樹会

2017年9月23日 室蘭地方自動車整備振興会からの緑の募金への寄附金を活用して、苫小牧市の和みの森で植樹会を開催しました。

当日は、北海道胆振総合振興局森林室の協力を得て、和みの森のイベントに参加していて家族連れなど50人ほどが植樹に参加し、100本の苗木を植栽しました。


白楊幼稚園の園児が植樹

2017年9月13日札幌市の白楊幼稚園の園児・先生30人が、札幌市植樹祭の会場の一部をお借りして、ミズナラの植樹を行いました。2週間ほど前、園児がカミネッコンにミズナラの苗木を植えました。今回は、そのカミネッコンを札幌市の植樹祭の会場である「あいの里・福移の緑地」に植樹しました。植樹したのは、同じくカミネッコンづくりに取り組んだ札幌市内のもいわ幼稚園の園児達が植えたカミネッコンも合わせて約80個のカミネッコンを植樹しました。


 

もいわ幼稚園 カミネッコンで苗木づくりを体験

8月22日、札幌市立もいわ幼稚園の園児が、カミネッコンを使った苗木づくりを体験しました。「カミネッコン」とは再生紙段ボールを使った紙枠型の植樹ポットのことで、 「紙」で「根っこ」を「コンパクト」に守って植樹することに由来するものです。厚い段ボールのため、組み立てにくいところもあり、最初はとまどう場面もありましたが、慣れると自信を持って2個目のカミネッコンづくりに挑戦する園児も出てきました。

カミネッコンの制作後、ハルニレ、ヤチダモなど5種類の広葉樹から好きな苗木を選び、自分で作ったカミネッコンに、「大きくなれ」との思いを込めながら、1本1本ていねいに苗木づくりに取り組みました。

この苗木は、9月に開催された札幌市植樹祭会場に植えられました。

 


シンボルツリー植樹4 伊達市有珠で

2016年10月25日、伊達市のうす保育所でシンボルツリー植樹会を行いました。室蘭地方自動車整備振興会からの緑の募金への寄附により行っているもので、今年度4カ所目の開催です。

この日は、園児28名が参加し、室蘭地方自動車整備振興会の岩崎会長、柴田理事と一緒にソメイヨシノを園庭に植樹しました。

また、胆振総合振興局森林室の山口豊浦事務所長はじめ豊浦事務所の皆さんが植樹作業を手伝って下さいました。


シンボルツリー植樹3 むかわ町穂別で

2016年10月20日、むかわ町穂別のさくら認定こども園でシンボルツリー植樹会を行いました。室蘭地方自動車整備振興会からの緑の募金への寄附により行っているもので、この日は、同じく当会の事業として実施している「森の教室」と併せて実施しました。

この日は、あいにくの天候の中、園児15名が参加し、室蘭地方自動車整備振興会の岩崎会長、稲葉理事と一緒にソメイヨシノを園庭に植樹しました。

シンボルツリー植樹2 苫小牧市で

2016年10月4日、苫小牧市の拓勇おひさま保育園でシンボルツリー植樹会を行いました。室蘭地方自動車整備振興会からの緑の募金への寄附により行っているもので、新ひだか町の歌笛保育園に続いて今年度2カ所目の開催です。

この日は、園児26名が参加し、室蘭地方自動車整備振興会の大島副会長、稲葉理事と一緒にソメイヨシノを園庭に植樹しました。

シンボルツリー植樹1 新ひだか町で

2016年9月30日新ひだか町歌笛保育園で、シンボルツリー植樹会を行いました。これは、室蘭市にある室蘭地方自動車整備振興会からの緑の募金への寄附により行っているものです。

この日は、園児26名が参加し、室蘭地方自動車整備振興会の武田副会長、奥田理事と一緒にアオダモを2本植樹しました。

また、日高振興局森林室の久米室長をはじめ、森林室の皆さん、日高東部森林組合の皆様が植樹作業を手伝って下さいました。

武田副会長と一緒に植樹

 

みんなでアオダモを育てていく宣言をしました

 

〒060-0003 札幌市中央区北3条西7丁目1番地北海道水産ビル6F011-261-9022FAX: 011-261-9032

お問い合わせ